AGA治療の革命薬「プロペシア」の副作用は実際どうなのか

発毛効果が認められているフィナステリドを含有するプロペシアやフィンペシア。

実際「AGAに対する効果ってどうなの?」「副作用やリスクって医学的にどうなのよ?」という点を確実に聞かれるのだが…。
既に10年飲み続けてる著者の経験を踏まえて余すところなく語ろう。



    まずは結論から行こうか。

    著者と著者の子供の写真

    まずは気になる副作用について、体験的に言えば、

    「全くない」

    なんか「プロペシア 副作用」とかで調べると必死な業者みたいな人が、

    副作用はあります!

    プロペシアは危険です!

    とかはやし立ててるけど、察するに彼らは飲んでないんじゃないかね。臨場感ゼロ。ステマ臭ぷんぷん。まあそれはいい。

    よく言われるのが「勃起不全(いわゆるED)」とか「性欲減退」になるが、もちろんこれは医学的にゼロだとは言われていないし、その確率も後ほど数値で詳しく記している。

    あと、「服用当初は副作用を実感するケースもあるが、飲み続けることで徐々に回復していく」という見解もあるようだ。

    著者も飲み始めの初期は「これが副作用による勃起不全か…。」と感じたことがあるのも正直なところ。

    しかし30代だったあの頃と比べて40歳半ばに差し掛かった今でも全然勃つのだ。既に10年飲み続けて全く問題は出ていない。

    写真は著者の現在と最近産まれた息子

    冒頭の写真は著者自身の2017年現在の写真だが、このサイト立ち上げてから4年以上経過して、プロペシア(フィンペシア)飲み始めて既に10年、今では全く薄毛の心配なくなってフッサフサ。

    年甲斐もなくロン毛にして後ろでくくっておでこ全開である。

    9割以上はプロペシアのお陰だと確信している。

    今まで無数の育毛剤を使用し、ミノキシジル配合育毛剤とかリアップとか塗り続けてうんともすんとも言わなかった毛根たちが、プロペシア飲み始めて半年たった時、明らかに変化が出始めたわけだ。

    その時付き合ってた彼女も思わず、

    「ねえ、髪、生えてきたよね?」

    と言わしめた。あの時ほど嬉しい瞬間は無かった。

    写真の子供は最近産まれた長男だ。もう著者も44歳になっが産まれた。しっかり産まれた。40過ぎても精子は元気だったし特に障害も出ていない。

    精子に異常も出ないしEDにもなってない。それほど性欲は強い方ではないが朝立ちもちゃんとする(毎朝ではない)。

    本当にこれは個人的見解だが、仮に多少勃ちが悪くなったとして、ハゲと天秤にかけてどっちが大事なんだろう、という話はあると思っている。

    自分はハゲ改善を選んだ。事実発毛できたことでより自信を回復できて人生が明るくなったのだ。

    プロペシアの効果で残った毛根はしっかり根付いた
    写真を見てもらえば分かるが、前髪あたりは残念ながら広がったまま。けどしっかりギリで食い止めた。土俵際いっぱいだ。

    別角度でみてみようか。
    著者の生え際

    多少後退してようが、持ちこたえたらいいのだ。

    特にやばかった頭頂部とか完全復活している。リスクありきで飲み始めたけど別に副作用も未だに無い。

    実際に10年もの間飲み続けて思ったのは、プロペシアって、もうなくなった毛根から毛を生やすのではなく、残っててかすかに生きてる毛根自体を強化、そこから複数の毛を復活させてどんどん増えていくイメージ。

    一つの毛根に1本しか生えていなかった毛髪が、恐らく複数本になっているはずだ。

    だが恐らく完全に死んでしまったであろうM字部分は生えなかったため、最終手段で植毛した。

    繰り返しになるが、プロペシアを服用するかどうかは薄毛の進行を犠牲にするか、非常に少ない確率で起こりうるかも知れない副作用を気にして飲まないかの2択だと思ってる。

    元々は前立腺肥大の改善薬

    プロペシアの写真

    フィナステリドはアメリカのメルク社が開発した薬で、今でこそ薄毛対策用に使われているが、元々は前立腺肥大の症状を改善するために使われてた薬。

    前立腺肥大の症状をもつ患者にフィナステリドを投与し続けた結果、ヒゲや髪の毛が生えてきてしまった!という偶発的な発見から、育毛や発毛に対する薬として生まれ変わったわけだ。

    それがプロペシアやフィンペシアなのだ。

    「DHT(ジヒドロテストステロン)」っていう悪玉ホルモンがあるんだけど、これが髪の成長を妨げて、薄毛の直接的な原因となってる物質の一つ。

    これ、前立腺の受容体と結びついて、成長を促進して前立腺肥大やガンの原因になったりする。

    フィナステリドは、このDHTが生成されるきっかけとなる酵素「5αリダクターゼ」に働きかける作用があり、悪玉ホルモンDHTの生成を阻害することが分かった、という訳だ。

    元々毛生え薬ではなかったのに、薄毛改善効果がたまたま発見されたことで認められてプロペシアやフィンペシアになったのだ。
    前立腺肥大の患者が発毛したイラスト

    飲む発毛剤フィナステリドの効果

    1997年に男性脱毛症の治療薬としてアメリカで認可されたフィナステリド、その後は世界60カ国以上で認可されている。

    諸君もご存知のように、育毛や発毛って頭に直接塗布するいわゆる「育毛剤」しかなかったわけだが、体の中から薄毛を改善する「飲む発毛剤」の登場はかなり画期的だった。

    日本でも2000年に入ってから24歳〜50歳の男性に対して臨床試験が行われた。

    Aグループにはフィナステリド1mg、Bグループには0.2mg、そしてCグループにはまったくフィナステリドが入っていない錠剤を与えるっていう試験を1年間行った。

    この数値を得た結果、
    • Aグループ:58%の改善効果
    • Bグループ:54%の改善効果
    • Cグループ:22%の「軽度の」改善効果(72%は効果なし)

    となった。

    こうして、日本の厚生労働省でも承認されて「プロペシア」として2005年に発売されることになった。

    つまり、日本では正式に「発毛に効果あり」と唯一認められている飲み薬というわけだ。

    厚生労働省の写真

    実はこの実験の、ABCどのグループも「誰が何を飲んでいるのか分からない」という状況で行われたというのが興味深い。

    フィナステリドが入っていない薬を飲んでいる、またはその逆で「発毛に効果があるかも?」という薬を飲んでいるという認識ができないようにするためだ。

    いわゆる「プラシーボ効果(偽薬効果)」が起こるのを避ける目的があった訳だが、それで効果が認められたっていう実験結果が、より信ぴょう性が高まることになったのは興味深いと言わざるをえない。

    副作用やリスクは?

    SEXを終えて幸せそうに眠るカップルの写真

    発毛や育毛に優れた効果を発揮したフィナステリドだが、心配なのがそのリスク。実際に副作用がないのかどうかが一番気になるところだろう。

    冒頭で著者自身の10年飲み続けている体験談や感想としては「特に副作用は感じていない」としたが、実際ほかの人はどうなのか、医学界的にはどうなか、ってところだろう。

    ここでもしっかりとした臨床試験結果を見てみよう。

    副作用についても同様の試験の中で測定された訳だが、国内外を合わせて深刻な副作用は報告されてないのが現状。

    フィナステリドの副作用的なものとして挙がっているのが「男性機能の低下、性欲減退、ED」なんだけど、これは被験者の3〜4%に対して認められているようだ。

    プロペシアの副作用臨床データ

    プロペシア プラシーボ(偽薬)効果
    性欲減退 1.8% 1.3%
    勃起不全 1.3% 0.7%

    性欲減退と勃起不全が2%を切ってる状態。100人飲んだら1〜2人に自覚症状があるかどうかという数値だ。

    ただ、自覚症状として日常生活に支障が出るレベルではなく、実際の認可には支障として認識されなかったために発売されているのも事実。

    その他の副作用としては、胃腸の不快感なども報告されているが、これも軽い症状で確率自体も極めて低いとされている。

    男性機能ってメンタルにすごく影響する

    男性なら誰しも思い当たるフシがあるのではなかろうか、男ってイメージでどうにでもなると。

    ではここで問題です。
    どちらかとデート出来るとしたらどっちがいいですか?

    悩殺美女と超絶ブスな女性のイラスト

    多分、相当奇特な人以外はAちゃん選ぶだろう。ん?

    完全に「見た目」に影響されるわけだ、同じ女性なのに。


    じゃあ次は大体同じくらい可愛くてスタイル抜群女子が2人いたとする。

    積極的かつ好奇心旺盛な女性とおしとやかで控えめな女性のイラスト

    もういろいろ妄想してるだろう。
    優しくしてもらえるかもとか、一緒にいて楽しそう〜とか、もしも至すことになったら相性的には…。とか。

    可愛さ同じなのに好みは違ってくる。ただの説明文なのに、だ。男なんてそんなもんだ。

    特に性的なことは男の心理状態にものすごく影響する。

    10代とか20代ならまだしも、薄毛に悩み始める30代、40代、さらには50代とかなってくると、機能するかどうかなんてかなりの確率でメンタルが絡んでくる。

    だからプロペシアの副作用がどうとかって一概には言い切れないのだよ。

    そんなに言うならプロペシアは危険じゃないしリスクもないのか?

    プロスカーって薬がある。これはフィナステリドが5mg配合されてて、プロペシアの5倍。

    これは確かに副作用が報告されてる。しかも6%〜19%というかなりの確率になっている。具体的には勃起不全、性欲減退に加えて女性化乳房、つまりおっぱいが女子みたいになってしまうといった状態だ。

    フィナステリドって要は男性ホルモンを抑える効果があるから、こういう副作用が起きるわけだ。

    だからプロペシアも副作用はゼロじゃないし、絶対副作用がないなんて言えないし、割合的にはほんの僅かだけど出る人は出るだろう。

    ただ、プロペシアに含有されている1mgほどの配合量では恐らくほとんどがプラシーボ、つまり思い込みによる影響が大きいと個人的には思うんだ。いわゆる気にしすぎ。

    ただ、リスクはゼロじゃないし、副作用だって絶対出ないわけじゃない。

    この点をしっかり理解した上で使用の是非を考えてみて欲しい。

    毛が生える確率をグンと上げるか、それとも僅かながらでも起こりうる性欲の減少を回避するかどうかを…。


    実際にプロペシアを飲んだ結果、はたから見ると結構重たい副作用や危険性まで感じる口コミ投稿があったので掲載しておく。

    プロペシアの副作用に関する体験談や口コミ

    引用元:全てYahoo知恵袋

    最近性欲の衰えや全身の倦怠感を感じます。 恥ずかしい話、彼女にも心配されていますがハゲてきていて薬を使っているなんて言えません。

    抜け毛は減り、効果は出ていると思うのですが、副作用も酷くてこの1年ずっと気分がふさぎがちです。性欲も落ち、以前なら好みだった女性を見てもなんとも感じなくなっています。

    性欲減退というか性欲消滅、バイアグラを使っても勃起しませんぜ、まず女性の裸に性的興奮を覚えることがなくなりましたからね(汗) というわけで長年愛用したプロペシアの服用を止めたら、わりとすぐに性欲が復活してきたのだけれども、同時に抜け毛がごっそり増えて…

    目立った体験談をピックアップしてみたが、もしこういった症状が出てきたらまず服用をやめて病院に再度相談して欲しい。

    ほかにはどんな副作用があるのか

    いろいろ調べてみたが、出て来る症状としては勃起不全、男性機能障害、性欲減退に加えて、射精障害や精子の量減少、発疹、じんましん、抑うつ、頭痛、清掃痛、眠気、下痢、頭痛などがあるが…

    まず薬ってどんな種類でも必ずアレルギー的な反応を起こす人がいるし、射精障害って要は「イケない」ってことだと推察するが…。

    恐らくかなりの確率でメンタル面、つまり気持ちの問題が大きいように思うのだ。

    男性はメンタルがかなりか弱い生き物である。

    自分では気にしてないと思っていても、「プロペシアには副作用があるから怖い」「危険性が高い可能性があるものを飲んでいる」と思って飲めば、それは思い切り心にバイアスが掛かる。

    特に、仕事で強いストレスを感じていたり、お金がない状態になったりすると男性のメンタルは面白いように崩れる。

    この時、同時に性欲も一気に減退することはよくあることなのだ。著者も男だからよく分かる。分かりすぎるほど経験してきた。

    しかし、ハゲてきた状態のときほど強いストレスを感じたことはないと言っていいほど死にたいくらいの超ストレスMAX状態だったのは今でもはっきり覚えている。


    もちろん、今は副作用が全く気にならない状態なのは数パーセントに入らなかった可能性も大だが、それでもやはりAGAと戦い続ける状況は並々ならぬ地獄の心境だった。

    それでも、心配だと感じる諸君は、こういった症状もごく少ない確率で出るかもしれないということは覚えておくといいだろう。

    ひとつ言えるのは、どんな薬だって副作用はゼロじゃないってこと。

    薬を飲む以上副作用はまったくないなんてあり得ない。それはプロペシアだって同じってことだ。

    繰り返しになるが、もし副作用かな?と感じるような症状が出たら、処方してもらった病院に行って先生に相談するか、飲むのを中止して欲しい。

    ただし、絶対に飲んではいけない人もいる

    フィナステリドが入っている薬を「絶対に」飲んではいけない人がいる。それが女性だ。

    特に妊娠中の女性が服用すると、お腹の赤ちゃんに悪影響をおよぼす可能性が高いことが、現状の医学会では通説となっている。

    だから、パートナーの女性が薄毛になってきたからといってプロペシアやフィンペシアを飲ませるのは絶対にやめていただきたい。

    プロペシアを安全に処方してもらって治療まで進みたい場合は

    プロペシアは自分が住んでる病院とかクリニックに行けば処方してもらえるが、ほとんどが普通のお医者さんでフィナステリドの副作用や対応について詳しいというわけではない。

    副作用が気になる、怖い、安心して使用したいって人はAGA専門の病院に行くのが一番おすすめなのは間違いない。著者も通った。

    さらにプロペシア以外にも発毛に有効な施術や治療を具体的に取り揃えてるから、仮にプロペシアで効果を得られなかったとしても第二弾、第三弾の治療を受けられる。

    例えばM字ハゲも含めて強い効果を得られる「ザガーロ」を処方してもらうときなどは専門医のアドバイスをしっかり受けて欲しい。

    発毛実感率は99%を超えてる専門クリニックだけを紹介しておくので、気になる人はカウンセリングを受けてみるといいだろう。

    AGAに特化した専門クリニック

    ヘアジニアス

    日本でのプロペシア発売に向けて実際に臨床実験と治療に携わった第一人者が考案した画期的プログラム。著者が実際に通ったクリニックでもある。費用はそれなりに掛かるがその分真剣な人ほど行くべきだ。
    • 医院:東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄
    • 治療費:約2.5万円/月〜
    • 発毛実感率:99%

    AGAスキンクリニック(全国展開)

    プロペシアの処方はもちろん、ドクター自身の頭を実験に毛を生やさせた発毛薬や成長因子注入療法など医学的根拠を元に発毛まで導いてくれる。
    患者さんは大体4〜6ヶ月で効果を感じ始めて治療率は99%オーバーだ。

    ※追伸:著者の人生を救ってくれたと言っても過言ではない

    待望の毛生え薬として登場したプロペシア、EDや勃起不全など多少のリスクはあってもその確率は2%未満とごく僅か、100人飲んで一人に副作用が出るかどうか。

    副作用が出ている人の割合もかなり少ないし、著者の友達たちにも勧めまくって超感謝されてる状態なほどその効果は凄まじいのは体感的にも分かっている。

    僅かな危険を乗り越えてでも個人的にはぜひAGA治療に取り組むことをおすすめしたい。

    もちろん飲み過ぎとか絶対ダメが、1日1錠好きな時に飲める手軽さもいい本当に素敵な薬だと心から思う。人生助けられた。

    薄毛の心配が一切なかったあの頃に戻って、ぜひ男としての人生を取り戻して欲しい。

    ※追々伸:それでも副作用が怖すぎるという人へ

    薄毛の人は今現在、ほぼ育毛剤を使っているだろう。

    何を使っているのかは知らないが、まあ巷で売っている育毛剤か、ネットで「生える」と謳っているその手の商品だろう。

    しかし、育毛歴20年以上の著者から言わせてもらえば、「そんなの全く意味が無い」ということだ。

    何故かって?そんなの実際あなたの頭皮が結果を出しているだろう。

    「生えてきましたか?」というのが著者の答えだ。

    恐らくほぼ全員の人が何も言えないだろう。

    一つ提言しておくとすれば、「表面的な育毛(頭皮)よりも体の中から改良していくという正しい順番を逆にしている」ということだ。

    巷で「生える!」と謳われている育毛剤で生えましたか?絶対生えると言われているミノキシジルで多少は生えたとしても、フッサフサになりましたか?

    なっていないだろう。

    つまり、順番が逆なのだ。

    だから、まずは何を差し置いてもまずプロペシアを飲む、これが著者がとってきた道。

    性欲が無くなろうがどうなろうが知ったことではない。髪が無ければ今後1500%の確率でより良い人生など歩めるはずもない!女性さえ抱けなくなる!と確信していたからだ。


    と、ここまで力説したが、それでもやはり性欲がなくなることへの恐怖感が勝るという価値観の人がいることも著者は理解している。

    さらに、今後二度と、金輪際、絶対的に禿げない!ハゲさせない!と岩のごとく固い決意をしている著者は「飲む育毛剤」としてのサプリも愛用し続けている。

    ED、男性の恐怖の対象として1位2位を争う性欲減退も、このサプリだけならとりあえずそういった心配から完全解放される。

    「プロペシアは絶対飲みたくない、だけどハゲる確率はたとえ1%でも減らしておきたい!」という人はまず飲んでみるべきだ。

    著者もプロペシア+このサプリの相乗効果は間違いなくあると思っている。

    エビデンスありの育毛サプリ

    薄毛に悩み続けてる人なら一度は聞いたことある成分「亜鉛」「ノコギリヤシ」「イソフラボン」「コラーゲンペプチド」を超豊富に含んだ定番アイテム。

    特にノコギリヤシは5αリダクターゼを抑える役割もあるから重要な栄養素だ。


    実際に医学の雑誌でそのエビデンスを照明されていることも使い続けている理由だ。

    ※45日間返金保証付き。電話一本で解約可能。