ザガーロがM字に効果あると聞くが心配なのはその副作用

フィナステリドが入ってるプロペシアの発毛効果はもう広く知られてるけど、最近聞くようになった「デュタステリド」入りのザガーロ。M字ハゲに効果アリと評判になってきたが…。

その効果や副作用について徹底的に調べた。使用する前の参考にして欲しい。



    そもそもデュタスとは

    デュタスはイギリスに本社のあるグラクソ・スミスクライン社(日本法人あり)が開発したアボダードという薬のジェネリック製品で、ハゲや薄毛に対する効果が著しく確認された薬。

    なんでも、フィナステリドの1.6倍(!)もの発毛効果がある第二世代のAGA商品だ。

    デュタスに入っているのが「デュタステリド」という成分。プロペシアで言うところのフィナステリドのようなもの。デュタス以外でデュタステリドが入っている薬としては「アボルブ」や「アボダード」、アボダードのジェネリックが「デュプロスト」。

    最近では2015年9月28日に厚労省の薬事承認が降りて病院やクリニックで入手可能になった「ザガーロ」に対して一気に脚光を浴び始めてきた期待のAGA薬。

    これらの薬全部の主成分が「デュタステリド」というわけだ。

    発毛効果はどうなのか

    これは著者がごちゃごちゃ御託を並べるよりも専門家の意見と、彼らが施した患者への結果を見たほうが早い。

    まずは下記をじっくり見てみてくれ。

    デュタステリドで得られた発毛効果

    デュタスで発毛した症例の写真

    アボダートの主成分であるデュタステライドは、I型とII型のどちらも同時に抑えることができるのです。 そのため、プロペシアの成分であるフィナステリドよりも強力であり、最近発売された育毛剤や発毛剤のなかで、 その期待度、効果の点において、共に群を抜いています。

    出典:明治通りクリニック アボダートとは


    フィナステリド(プロペシア)よりAGA治療効果が高いと考えられており、実際に比較試験などでフィナステリドに比べてより高い脱毛予防効果を示しています。

    出典:渋谷三丁目クリニック アボルブ(デュタステリド)処方


    第二世代のフィナステリドって呼ばれているだけあって、やっぱり発毛効果は高いと各クリニックもこぞって伝えている状況。

    これはAGAに悩む多くの男性諸君にとっても希望が見えてきそうだ。

    プロペシアとデュタス、何がどう違うのか比較

    プロペシアとデュタス、どっちがいいの?という疑問が湧くけど、一番大きな違いは「AGAの原因となる男性ホルモンと結びつく種類の違い」だ。

    5αリダクターゼには1型DHTと2型DHTがあって(DHTはジヒドテストステロン)、それぞれ頭皮の中で存在する箇所が違う。

    もっと具体的に言うと、「ハゲる箇所がそれぞれによって違う」ということになるのだ。

    プロペシアが2型DHTに効果があるのに対して、デュタスは1型と2型どちらにも効果があり、特に2型だけで見ればプロペシアの約3倍の効果があるとされている。

    プロペシアより5α還元酵素の2型はこのザガーロカプセルにおいては、3倍ほど抑える効果があります。

    出典:新宿AGAクリニック



    T型DHTとU型DHTで薄毛になる箇所のイラスト


    1型DHTの特徴と薄毛の影響を受ける箇所
    頭皮の皮脂腺に多く存在していて、皮脂の過剰分泌の原因になっているホルモン。結果薄毛に繋がる。

    1型でハゲる主な箇所はみんなが気にするM字ハゲ。にっくきM字はこの1型が原因だ。つまりプロペシアでM字ハゲ部分が発毛しないのはこれが原因なのだ。

    1型DHTに対して効果を発揮するのがザガーロだ。

    2型DHTの特徴と薄毛の影響を受ける箇所
    2型は毛乳頭に多く存在しており、体毛が多い人、毛深い人は2型DHTが多い人とされている。

    2型でハゲる主な箇所はつむじや頭頂部。ここが薄くなってきている場合は同時にほぼM字も併発していたりするケースが多い。思い当たるところが多い諸君もいるだろう。

    これに対して効果を発揮するのが、諸君が知ってるプロペシアやフィンペシア、つまりフィナステリドが含まれている薬だ。

    プロペシアとデュタスの違い一覧

    プロペシア デュタス
    有効成分 フィナステリド デュタステリド
    作用対象 2型DHT 1型+2型DHT
    作用部位 頭頂部 前頭部(M字)+頭頂部
    有効率 67% 85%
    副作用率 3〜4% 8〜9%

    プロペシアと比べてみる有効率とかを見ても「これはスゴイ!予防効果も抜群の万能回復薬だ!」って思いがちなデュタスだけど、効果が高い分やっぱり副作用を引き起こす確率も高くなってしまう。

    気になるデメリットやリスクなどの副作用についても十分に知っておかなければならない。

    デュタステリドの副作用やリスクについて

    いろいろ調べてみたけど、基本的なリスクや副作用は、フィナステリドのそれと同様。
    • 乳房(おっぱい)が大きくなったり腫れたり、時には痛みを伴う可能性
    • 性的機能の低下、勃起力低下、性欲減退の可能性
    • 肝機能に異常をきたす可能性
    • 女性の使用は禁止

    デュタステリドはもともと前立腺肥大に対して使われてた薬なので、AGA対策の薬として長く認可は降りていない状態だったが、普通に病院では使われている薬でもある。

    そういう意味では薬全般にリスクがあるとも言えるので、上記のような副作用はどうしてもつきまとう。

    特にザガーロについては厚労省の認可も下りたから普通に使えるようにはなったけど、「発毛に効く!」「念願のM字ハゲが治る!」からといっておいそれと使うにはやっぱり勇気はいる。

    胸が大きくなったり勃起不全が出たり、性欲が無くなっちゃう確率が高くなるのは男としてはどうしても心配だ。

    デュタステリドはどこで買えるのか?

    著者はプロペシアのジェネリック製品「フィンペシア」を使っているが、購入先でもあるネット通販ならインターネットで探すと結構出てくる。

    ジェネリックではなくて、グラクソ・スミスクライン社の正規品がいい!って人でもネット通販で売っていたりする。

    デュタス、アボダートともにどちらも基本的に同じ商品なので、安い方のアボダードで買ったらいいし、認可が降りたザガーロを買ってもいい。

    どれを飲んでも容量と同じデュタしてリドが入ってるから同じだ。

    上記公式サイトでの口コミを見ても、効果を感じている様が伺えて良好だ。

    デュタスの口コミ体験談や評判

    フィンペシアとミノキシジルタブレットで頭頂部が驚くほど回復し1年半…飲み続けていたけど抜け毛が始まり頭頂部が薄くなりました。フィンペシアをデュタスに変え1ヶ月ほどで抜け毛が大幅に減り、3ヶ月後くらいにはかなり回復してます。

    2013-09-11 eieiさん


    アボダートの口コミ評判

    商品には満足ですが、錠剤ではないので[-1]です。薬剤師曰く、効果は高くて安全なお薬とのお話です。現在日本でも同じお薬が「アボルブ」で処方が為されており、今後の情報にとても期待しております。^^

    2012-07-29 ミニーさん


    ザガーロの口コミ評判

    私には、抜け毛防止に一番効果があるように思えます。一度中断したら抜け毛が多くなったので、服用を再開したら、少なくなりました。

    2015-08-02 WTB14さん


    デュタス0.5mgとミノキシジル10mgを1日1錠ずつ飲むと1ヶ月くらいすると頭皮に産毛が生えてきます。手の甲や目の周りの産毛も濃いくなってきます。薬が効いている証拠!!

    2015-06-11 ghaさん


    今夏からフィナノステロイドとしてフィンペシアを服用し、3カ月でかなりの効果を発揮してくれていますが、耐性防止と効果増強のためザガーロもローテーションに入れています。

    2014-12-06 Sonicさん

    出典・引用元:オオサカ堂


    著者も育毛剤はもちろんのこと、このAGA専用薬が無かったらほぼ間違いなく今のような満足できる髪の量には戻ってないと断言できるほど、フィンペシアには感謝している。

    もしフィンペでも効果が無くなってきたら…アボルブやデュタス、ザガーロに行くしか無いのかなって思ってるが今のところデュタステリド入りAGA薬を服用するまでには至っていない。

    つきまとうリスクをどう捉えて、AGAの回復や予防効果と起こるかもしれない副作用を天秤に掛けてどうするかはその人の考え方によって違ってくるので一概には言えないが、もしも使用する際はやはり副作用が高い分、ネット通販などで購入するのではなく専門クリニックでアドバイスを受けた上でスタートすることを強くおすすめしたい。

    まだ認可されてから間もないこともあり、日本での症例数も多くはないため、医者も正直手探りな部分は多いはずだ。

    そのような薬をチャレンジングにおいそれと素人が飲むのはやはり危険性が伴うし、そもそもネット通販で購入したザガーロが本当にザガーロなのかどうか、我々素人が確かめる術はない。

    まとめ

    著者はデュタステリドではなく、フィナステリドをもうかれこれ10年以上使用してるけど、今のところ副作用は全く出てない感じなので、直接的なリスクは全然感じていない。

    参考記事
    プロペシアを10年飲み続けた経験を元に副作用や危険性について見解をまとめている。

    プロペシアの効果と副作用についてリスクや危険性を10年飲んだ体験で語る

    けれどもデュタステリドはフィナステリドよりもやや強力な発毛効果が期待できる分、リスクはどうしても上がるのは間違いない。

    心配な人は個人での服用を控えて必ずクリニックの専門家に相談した上で決めて欲しい。

    プロペシア自体も副作用はゼロじゃないし、そもそも飲んで全員が発毛効果を得られる保証があるわけじゃない。

    それでも、どうしても再び毛を生やしてあの頃に戻りたい、このままだと人生お先真っ暗だ、というのは痛いほど分かる。

    そんな場合はAGA専門の治療クリニックに行くか、最終手段として自分の髪の毛を自分の頭に植毛してしまうのが一番おすすめだ。

    著者はクリニックも植毛も両方経験した。

    AGA専門のスペシャルクリニック

    ヘアジニアス

    日本でのプロペシア発売に向けて実際に臨床実験と治療に携わった第一人者が考案した画期的プログラム。著者は迷わずこのクリニックを選択した。結果大成功だった。
    • 医院:東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄
    • 治療費:約2.5万円/月〜
    • 発毛実感率:99%


    全国49院展開のAGA専門クリニック

    AGAスキンクリニック

    プロペシアの処方はもちろん、自分の脱毛状態、薄毛の進行具合や原因に合わせて病院がケア。リスクや副作用もしっかり理解した上で治療を受けられる。
    99%の発毛実績はかなり心強い、薄毛男性の寺子屋的存在となっている。


    著者のM字を治してくれたクリニック

    アイランドタワークリニック

    ここはハッキリ言って最終手段。100%生える。だけどその分費用も高い。
    こればっかりは仕方ない。M字だろうが頭頂部だろうが、副作用無しで自分の髪の毛を薬を使わず一生生やしておきたい人の最終駆け込み部屋。トータルコストでみれば、実は一番安いのも事実。