頭が薄い人はパーマやヘアカラーをしない方がいいのか?

これも本当によくある疑問・質問だ。
なんとなくダメそうだけど、パーマでボリューム増やしたいし、隠せるなら隠したいし、軽くオシャレもしてみたい気が…管理人もこれ、よく考えた問題。

薄毛の人がパーマやヘアカラーをすることについて詳しく解説する。


パーマをかけて薄い髪を隠すためのボリュームアップをしがちだけど…

毛が薄くなってきたらやりがちなのが、パーマを掛けて全体ボリュームをアップさせる…。

幸いなことに、管理人は天然パーマなのでまあまあ薄くなってきても髪型で宮迫よろしくカバーできてたけど、これってやってる人多いのではないだろうか?

宮迫のM字ハゲの写真

結論から言うと、

「今ある髪の毛にとってはダメージの元だからしないほうがいい」

ということになる。

これは本当に悩ましい、由々しき問題なのは百も承知だ。けれども、パーマ液はとても強い薬剤なので頭皮に良いわけがないというのは普通に考えたら分かること。

また髪へのダメージもさることながら、パーマをかける際にややひっぱりがちになるため、何度も何度もひっぱったりすることで毛根に負担が掛かって抜け毛を促すことにも繋がってしまうのだ。

これはストレートパーマも同様だ。
薄毛に悩む人は痛いほど気持ちは分かるが、できるだけ今ある髪を大切にするためにも、パーマは控えめにしたほうがいいと言わざるを得ない。

パーマが与える頭皮への影響とダメージの原因

これは美容師さんなら分かることだが、頭皮の状態はいわゆる弱酸性。

これに対してパーマ液は1液、2液とあって、2駅は酸性成分なんだけど、1液が超強烈なアルカリ性でできている。

パーマ溶液あてると「ピリピリー!」って頭皮が痛くなる経験をしたことがあるだろう。あれは弱酸性の頭皮に強いアルカリ性が反応してるため。

痛みがあるってことはもう、そのまま頭皮を傷つけているわけだ。ダメージを与えているということだ。

この結果、炎症を起こしたり、脂漏性皮膚炎に繋がったりする、というわけだ。

パーマをかけてダメージを受けた頭皮のイラスト

髪の毛が薄くなってきたからといって、なんとかボリュームを持たせて隠す意味でもパーマをあてたいって気持ちは死ぬ気で分かるのだが、ただでさえ弱ってきている頭皮や毛根に対してダメージを与えるって、それはつまり虫の息の相手にナイフでトドメを刺すようなものなのだよ。

勧められるかって言われたら、それはもう、全くおすすめはできなのだよ…。

じゃあ、弱酸性パーマならいいのか?

世の中には「弱酸性パーマ」というのをウリにしている美容室もある。ではこれならいいんじゃないの、と思いがちだが実はカラクリがあって…

確かに弱酸性パーマは従来のパーマよりもアルカリ濃度が低くて、40%〜60%くらいはアルカリ性をカットしている。

だからよほどまだマシ。デメリットは圧倒的にパーマ自体がかかりにくいってことだ。

一応パーマは掛かるが、やっぱり通常のパーマよりもかかりにくくて、さらに取れやすいから長持ちしない。

長持ちしないから、またかける⇒痛みは徐々に蓄積していく…。

この悪循環が繰り返されて、結局前よりも悪くなってしまう可能性が高くなってしまうというカラクリだ。

これが弱酸性パーマのデメリットなのである。

だから、美容室でもそんな主流にはなってないのが現状なのだ。

じゃあ、ヘアカラーはどうなの?

ヘアカラーを自宅でする男性の写真

ヘアカラーやヘアマニキュアについても同様だ。
正直あまりオススメはできない。

ヘアカラーというのは、髪の毛の表面にあるキューティクルを開いて、その中に染料を染み込ませることでカラーが付く仕組み。

カラーリング剤は、パーマ液同様ご存知のとおり化学薬品満載、人工着色料でいっぱいだし、たとえそれが白髪染めでも、頭皮に優しいと言われるヘナだったとしてもダメージはゼロじゃない。

自宅で行うカラーリング剤も同様で、頭皮に付着させないように…とか書いてあるけど、そんなのほぼ無理だ。

洗い流す時にも確実に頭皮には付着するからね。美容院だから大丈夫、なんてことも全くない。

人によっては、これで炎症を起こす人もいるくらいなのだ。

ヘアカラーが追い打ちになって抜け毛や薄毛を促進させてしまう可能性も十分にあるほど我々の髪は弱っているから、どちらかと言えばオススメできるものではないと言わざるを得ない。

まあでもこんなこと言われなくても分かっていたと思うが、それでも隠したい一心で調べてに来たことも分かっている…。

市販のカラーリングはもっと良くない

基本原理はパーマと同じなんだけど、カラーリング剤には化学薬品に加えて人工着色料がいっぱい。美容室ならまだしも、ドラッグストア、薬局などで売ってる市販の安いヘアカラーはもう、サイアクだと言わざるをえない。

髪の痛みやダメージを防ぐために、さらにトリートメント剤も配合されてる訳だが、こちらもバッチリ化学だ。

そして表面的にコーティングしてるだけで、髪の健康を損ねていることには何ら変わりなくて、結局ダメージは蓄積するのだよ。頭皮に。

薄毛の人には百害あって一利なし。メンズは特にね…。

そもそも論としてパーマやヘアカラーが原因で禿げるのか?

結論から言うと、「パーマやヘアカラーが原因ではげるわけではない」ということ。

もしパーマやヘアカラーで禿げるなら、世界中の人は既にハゲ散らかしちゃたあとってことになるしね。

なんでこれらが「禿げるかも!」と認識されがちかといえば、皮膚に薬剤が浸透したり染み込んだりして毛根を壊してしまうのではないか、という説がある。

でもパーマ液やカラーリング剤は「医薬部外品」または「化粧品類」という区分けになっていて、皮膚に染み込ませる要素があるのは「医薬品」扱いになるため、パーマ液やカラーリング剤はそれに該当しない。

つまり直接的な原因には成りえないってことなのだよ。

ただし、だ。繰り返しになるが、我々薄毛の頭皮は弱りまくっていて、できるだけダメージを与えたくないってのは一方でとても重要なのだよ。

体が弱ってるのに更にタバコや酒や不摂生など、なんだかんだするのは医者に止められるけど、基本的には同じ考え方。

頭皮はできるだけ健やかに、そして毛が育ちやすい環境を作っておくのがやっぱり髪が薄い人には理想なのだよ。

じゃあいいじゃん!パーマやヘアカラーしてみたいんだよ!

もう、そこまで言うなら止めはしない。自分の頭のことだしね。

であればまず、自分で買ってきてやるのはまずやめて欲しい!必ず美容室に行くんだ!そして、最低限パーマやヘアカラーしたあとのケアだけはしっかりやって。

以下のことに気をつけながらね…。
  • シャンプーはアミノ酸系弱酸性のものを使う
  • シャンプー使い過ぎはダメ
  • 爪を立ててもダメ
  • パーマ、カラーのあとの数日は特に刺激がないよう気をつける
  • ブラッシングするなら本当に優しく

薄毛のパーマとヘアカラーまとめ

薄くなってきたし、ちょっとでもハゲを隠したい、目立たなくしたい、ボリュームがあるように見せたい、ハゲててもちょっとはオシャレを楽しみたい…

けどそんなこと言われたら出来ないじゃん…。

こんな辛い気持ちは十分に分かるけど、

抜け毛を増やしたくなかったら仕方ないことだと割り切る勇気は必要ってことだ。

当サイトでも紹介しているAGA対策、プロペシア、フィンペシアなんかを使って、まずは薄毛対策、抜け毛防止をしつつ、発毛してからパーマやヘアカラーを楽しむ、そんなスタンスが髪の薄い僕たちには求められる条件なのだよ。

少しの間我慢してみるのがオススメだ!


おすすめはまず毛根を復活させること
結局は実際発毛さえ成功させることができれば、もうパーマだろうがヘアカラーだろうがなんだってできるわけだ。

管理人もハタチ付近からハゲ始めたけど今では8割元通りになった。天然パーマだからパーマは当てないけど、カラーリングはもう全然できるし実際何度もやってみた。

今はもうやめたけど(髪には良くないしね)。

まずはプロペシアを飲んで欲しい。

かなりの確率で発毛は体感できるハズだ。


徹底的に根本治療をしたい人は専用クリニックへ
育毛剤ではもう生えないし、これ以上無駄金を使いたくないし!多少お金がかかっても治療で治るなら絶対的に生涯ハゲない状態にして髪型を楽しみたい!

これが我々薄毛に悩む人間の最終目標だよね。

その場合はもうAGA専用のクリニックに行くしかない。

発毛成功率は99%オーバーで遺伝子レベルで根本治療が受けられるし、プロペシアの副作用も怖いかも、って人は医者にきちんと聞いてから処方を受けることもできる。

「プロペシアってM字ハゲに効かないじゃん」

そんな貴方も安心して欲しい。

今はしっかりM字にも効果がある薬や処方も登場しているのだ。

参考記事
育毛剤を生涯使っていくコストを考えたら、治療で根治させていくのが実は安上がりになるのも見逃せないポイントだ。薄毛で超悩んでいる人にぜひ読んでほしいのが下記記事。全て体験談としてまとめ上げた。

AGAクリニックはおすすめできるが貴方が本当に通う必要はあるか?