カツラを被ればさらに薄くなる!カツラのデメリット5つ

著者も実は一度真剣にカツラを被ろうかと悩んだ経験がある。そこまで追い詰められてた。
カツラってすぐにハゲを隠せるから確かにお手軽だが、もし今カツラ検討している人がいたら事前に注意しておきたいことが山ほどある。

勇気を出してカミングアウトした友人からカツラのデメリットをヒアリングしてきたので参考にして欲しい。



    カツラを一度被れば生活スタイルも経済状況も一変する

    カツラを被ったらどんなデメリットが待ち受けているのか、どれくらいハラをくくらなければならないのか、友人からのヒアリングを元に、特に目立ったデメリットについて5つ列挙しておく。

    実際にカツラを被っていただけに、真実味タップリの内容だった…。

    カツラを被ることで覚悟しなければならないデメリット5つ

    一度被れば自分の薄毛を知らない人の前ではもう脱げなくなる
    これは自明の理。薄毛を隠したいからカツラを被るのであって、フサフサの状態からいきなりつんつるてんな頭を見せられたら周りは仰天する。

    今後二度と、人前では生まれたままの頭を晒すことができなくなるのだ。

    行きつけはもちろん、好きな美容院にも行けなくなる
    薄毛になる場合はほぼ100%前髪や頭頂部あたりからハゲて無くなっていく。横と後ろの髪はどんどん伸びてくるからどうやっても髪を切りに行かなければならない。

    でも、もしそこで知り合いにあったらと思うと、間違っても行けないのはもちろん、どの面下げて行けば良いのかわからない。

    ちなみに、じゃあどうしたらいいの?ということになるわけだが、その辺はカツラサロン運営会社もよく心得ている。

    カツラを買ったらサロン提携の「専用美容室」を紹介されるんだ。そこではプライバシー完全保護、けど値段は通常よりも高めに設定。

    さらにカツラが古くなってくると、
    「そろそろ取り替え時ですね♪」

    などと次のカツラ購入を勧誘される。

    しかも、
    「少しアレンジした髪型も加えて2個購入がオススメですよ♪」

    とか言われる。

    まさに「カツラ購入の無限連鎖」になっていくという寸法だ。

    人前で頭を濡らすことができなくなる

    中居正広の髪が濡れた時の写真

    これはかなり由々しき問題だ。雨の日は大幅に髪の毛を濡らすことは完全にできなくなる。また風が強い日は帽子なしでは外に出ることすらできない。生え際が「ペロン」とめくれたことを想像したら…


    石田純一の髪が濡れた時の写真

    そして、温泉のみならず、人と一緒に水に入ることができなくなる。 海に行ったり、マリンスポーツしたりとかもう大変だ!絶対「海坊主」的な醜態は晒せないからね…


    ムレてかなりかゆくなる

    生え際を気にしている人の写真

    帽子かぶってるのとほぼおなじ状態に、しかも家に帰って一人になるまでずーっとかぶり続けているため、そのムレムレ具合は半端ないものに。
    既にカミングアウトした友人曰くそのムレ具合は相当で、トイレに駆け込んで鬼のように掻きむしらなければならず、もうそれが頭皮にダメージ与えまくり、それが嫌で「もう脱ぐ!」と腹をくくったようだ。

    想像しただけで辛い。

    ピンで留めたところからハゲてくる
    もうこれが最大のデメリットだ。考えただけでもイヤだが、カツラの負のスパイラルの象徴。

    ピンで留めたところは当然負荷がかかるから、そこから抜け毛が始まって、だんだん薄くなっていく!かつらがハゲる原因に?まあでも確かに言われてみればそうなるだろう。

    正直、
    サイアクだ。

    ちなみに、カツラのタイプには、
    • ピンで留めるタイプ
    • 接着剤で留めるタイプ
    • テープで留めるタイプ
    • 上記をミックスさせたタイプ

    があるようだ。


    カツラの構造はこんな感じだ

    かつらの作り方はもちろん分からないけど、どんな作りになってるのかはこんなイメージ。

    カツラの構造の写真

    なんだか生々しいね。
    何れにしても、個人的には思いとどまって本当に良かった!と話を聞きながら安堵のため息を漏らすことになった。


    けれども、薄毛になってくると誰もが一度は頭によぎるのではないだろうか。

    「あれ、やっぱりこのままスキンヘッドなのかおれ?もしかして、、かつら、、装着…?うっ、頭が…><」

    若ければ若いほど、その悩みも相当深いものになるのは想像に難くない。

    デメリットしかないのか?カツラのメリットを絞り出してみた

    かつら被ってたらもう嫌なことしかないし!お前、ワシもう被っとるんじゃ、ええ加減にせえよ!という声が聞こえてきそうになったので、どうにかしてカツラのいいところを探し出してみた。

    カツラのメリット1:コストが逆に下る可能性
    禿げてる人はもう、それはそれは毎日多大なコストをかけている。育毛剤、サプリ、プロペシア、発毛サロン、そこで買わされる数々の怪しげなグッズ…そう考えると一発かつらを購入してかぶり続けることができたなら、もしかしたらコスパはいい、のかもしれない。

    AGA治療だって相当な費用がかかる。

    メリット2:気持ちが前向きになる
    カツラを付けることで、「見た目ハゲから解放されたぜ!やったー!」となれば、もうその日からハゲとはおさらば、仮の姿でもなんでも、今後会う新しい人とはハゲてない体で会うことができるし、何より自分の髪的なものが風に吹かれてあの時の青春が蘇ってくるわけなのでポジティブにもなれる。

    ほら、女性だってウィッグ付けておしゃれしてるし、そう考えると男性ウィッグって呼んだほうがいい。

    かつらって言い方がダメなのかもしれない。これからはウィッグだ。「カツラ」禁止だ。

    メリット3:引っ越しの時なら別世界に行ける
    新天地で100%知らない人しかいない場所へ行けば、それはもう、あなたはハゲてたなんてことは誰もしらない場所だ。

    スポッ!とひと被りするだけで、もうこれまでとは異空間の人間になれること請け合い。海外とかいいかもしれない。運転免許証だけ見られないよう、要注意。


    (前提として)こういうのは厳禁だ。
    沖縄県知事の翁長雄志

    カツラのデメリットまとめ

    小倉智昭が頭を押さえている写真

    今のカツラ自体はすごく精巧にできていて、ぱっと見全然分からないし、被ることで精神的安心感が得られるメリットもある。特に日本の技術は最高峰、ちょっとやそっとじゃバレずにあたかも「元からフサフサさ!」と言える風貌にはなれるのだ。

    だからカツラを被ることは個人の自由だし、それでハゲや薄毛のストレスから解放されるなら全然いいとも思う。

    ただし、カツラを被ることに対する上記のデメリットに加えて、多額のランニングコストが掛かることも覚悟しておく必要がある。

    すごくイイ実例でカツラの口コミがあったので最後に紹介しておく。

    カツラを実際に被っている人がいくら使っているのかの口コミ

    ハゲが嫌で、各社カツラ製品使用歴が通算20年以上です。いままで使った金額は、延べ3000万円くらいです。家が一軒買えるくらい使いました。(なお現在進行形です)

    引用:Yahoo!知恵袋



    カツラで使った金額延べ3000万円って

    でもこれくらい男性の薄毛に対する気持ちって切実ということなのだ。

    正直、著者も気持ちだけは痛いほど分かる。男にとって髪が抜けていくことは、魂が抜けていくのも同然のことなのだ。


    個人的にはどっちに転んでも欠点が多いのは否めない

    誰しもヅラかぶりたいなんて思っていない。でもかぶるってことはもう余程追い詰められた状況なのも分かる。

    ただし、かぶってる間全ての時間で最大の弱点である「バレないか?」という心理的弱者の気持ちになる可能性大。気の弱い人なら尚更だ。

    というかもう、ほとんどの場合バレているしね…。

    バレるのは本当に痛いところ。今後の人生考えても最高級のウイークポイントになる。

    常に自分と自分の周りを騙して生きているような気持ちになる。

    出典:私の友人


    だから、やっぱりどれだけツルツルにまっしぐら状態でも、育毛剤がもう一切効果が無かったとしても、発毛への努力は惜しまずに続けたいし、みんなにもそうあって欲しい。

    だって今は医療で薄毛が治る時代なのだから。


    ※追伸:カツラのコスト考えたらAGA治療や自植毛のほうが絶対おすすめだ

    カツラってとにかく高い、本当に。維持費やメンタル面、日頃の精神的負担を考えたらだったら一発100万円くらい払って自分の髪の毛を植えて、100%自分の髪の毛でハゲを治療しちゃったほうが断然いいと言える。

    今の植毛技術ははっきり言って物凄い。抜いたところの株のあとも残らないし、100%生えてくるし、もう二度と禿げない可能性大。

    「植毛は気分的にちょっと…」と感じる人なら、AGA治療をクリニックで受けるのも大いな選択の一つに入るだろう。

    著者は両方とも受けたが今では超フサフサに戻った。そして維持費は毎月のプロペシア代数千円のみだ。

    もし今カツラを検討している人がいたら、ぜひとも検討してみることをおすすめする。

    長い目で見ればかつらを続けるよりランキングコストは確実に安く抑えられるのだから…。

    植毛でハゲと完全にサヨナラするには

    アイランドタワークリニック(全国4院)

    自植毛の実績なら断トツNo.1なのがアイランドタワークリニック。著者も実はM字部分だけはどうしても生えなくてここで植毛したんだ!後ろの毛を持ってきて植えるから細胞自体が違うのでもう抜けない!ハゲに怯えながら暮らさなくても良くなることに価値を感じるならぜひ受けてみて欲しい方法だ。


    AGA治療で髪を蘇らせるには

    AGAスキンクリニック(全国49院展開)

    今は時間とお金さえ掛ければハゲは治せる時代。
    より重度の薄毛で悩んでいて、「植毛はちょっと…」って言う人は髪を復活させる率99%のクリニックに任せてみてはいかがだろうか。

    テレビCMもやってる今超話題の病院だ。



    4ヶ月で効果を実感できなかった人0%

    ヘアジニアス

    日本でのプロペシア発売に向けて実際に臨床実験と治療に携わった第一人者が考案した画期的プログラム。費用はそれなりに掛かるがその分真剣な人ほど行くべきクリニック。
    • 医院:東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄
    • 治療費:約2.5万円/月〜
    • 発毛実感率:99%


    ※追々伸:M字の発毛はかなり手ごわかった

    著者はプロペシアで頭頂部やてっぺんが8割以上復活できたし、まじでAGA治療万歳という感じなのだが、M字ハゲ部分は生えなかった。一切ね。

    その悩みを解決してくれたのがクリニックの自植毛。大幅に植毛するとかなり高い料金になるが、スポット的ならなんとか行けたしマジでやってよかったよ。M字だけは本当にどうしようもなかったからね。。

    かつらって選択肢はもちろん初めから無かったしかぶったこともないけど、植毛は自分の毛が生えてくるわけだから、背に腹は変えられなかった。本当に感謝の言葉もない。